肥満治療のクリニックガイド

本気で肥満を治療したいあなたのために

最適な肥満治療法とは

つらい思いをして、何度もダイエットに取り組んでいるのにリバウンドしてしまう。そんな方にお奨めしたいのが、医学的な肥満治療です。代表的な治療法としては以下の4つがあります。

  • 食事療法…医師や栄養士の指導のもとで、計画的な食事制限を行います。自己流で行うと、減量してはリバウンドを繰り返す、ウエイトサイクリングに陥るので要注意。
  • 運動療法…運動医学の専門家の指導のもとで、肥満になりにくい体作りを行うもの。ウエイト・トレーニングなどの筋力運動に、有酸素運動と柔軟運動をバランス良く組み合わせて実施します。 
  • 外科治療…主に病的肥満の人を対象に、減量手術で肥満を解消します。カラダに直接メスを入れたり、注射を打つことになるので信頼できる医師に相談してから始めましょう。
  • 投薬療法…食欲抑制剤などの肥満症治療薬を使って治療するもの。ノバルティス製薬の「サノレックス」などが有名ですが、医師による処方が必要となります。

これらの治療法は、それぞれ一長一短があり、どれが効果的かは一概に判断できません。しかし、最近では複数の治療法の長所を組み合わせた、メディケアダイエットという方法も開発されています。現在までに、2000人を超える方が取り組み、90%以上の成功率を誇るという減量法です。

このサイトでは、そうした最新の減量法を含め、各種のクリニックが実施する肥満治療の情報をまとめていますので、病院選びの参考にして頂ければ幸いです。

>>肥満治療クリニックの比較ガイド<<

お手軽ダイエット法の危険性

世の中には様々なダイエット法が存在しますが、問題の多いものも存在します。減量法の種類ごとに、大きく3つに分けて解説します。

カロリー調整ダイエット

摂取するエネルギー量をコントロールするダイエット法の総称ですが、正確な知識がないと健康被害を受けることがあります。例えば、この減量法の一種であるリセットダイエット。炭水化物と脂質を食べずに、低カロリー・高タンパク質の食材を摂取するというものですが、実は炭水化物は脳がエネルギーとして利用できる唯一の栄養素なのです。炭水化物を適度に摂らないと、脳が上手に働かず、めまいやイライラなどの症状が現れることがあります。

断食ダイエット

その名の通り、一定期間の食事を断つ減量法の総称ですが、むしろ太りやすい体質になってしまう危険性があります。断食期間によって、プチ断食ダイエット、朝食抜きダイエット、短期断食ダイエットなどに分けられますが、その問題点は同じです。人工的に飢餓状態を作り出すことで体内の脂肪細胞が肥大化し、深刻なメタボリック症状を引き起こす場合もあるのです。食事を断つことで消化器官を休ませ、体質を変える効果があると言われていますが、安易にチャレンジするのは考えものです。

運動系ダイエット

体脂肪の燃焼を目的とした身体運動の総称で、これ自体には危険性はありません。ただし、心臓病や糖尿病などの合併症がある場合は、かえって症状を悪化させることもあるので要注意。簡単に始められるものが多いので、人気のあるダイエット法ですが、途中で面倒臭くなって止めてしまう人が多いのも事実です。

そこでお奨めしたいのが、メディケアダイエット。脳に直接働きかける最新の減量法で、体を動かすことなくダイエットする事ができます。専門の心理カウンセラーと薬剤師、栄養士の3者がチームを組んでサポートする減量プログラムで、無理な食事制限もありません。好きな物を満腹になるまで食べながらダイエットすることができるのです。

最近では、この治療法を摂り入れた専門クリニックも存在しますので、興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

>>メディケアダイエットの詳細はこちら

 
肥満治療のクリニックガイド