本気で肥満を治療したいあなたのために

HOME » 肥満治療のダイエット法を調査 » カロリーコントロールの注意点

カロリーコントロールの注意点

このページでは、カロリー調整ダイエットの概要について簡単に解説しています。

摂取cal<消費cal

ダイエットの基本はやっぱりカロリー制限が王道ですね。でもきちんと原理を知って始めることが大切。

カロリーコントロールダイエットは、摂取するエネルギー(食事した食べ物の総カロリー)と消費するエネルギー(基礎代謝+活動代謝+食事誘導性熱産生)のバランスによって、太ったり痩せたりするという考え方から生まれたダイエットなのです。

つまり「摂取エネルギー<消費エネルギー」というふうになった場合、足りないエネルギーを身体から補うので、蓄えが減って結果痩せられるという訳です。当然のことですが、逆の場合は余ったエネルギーが中性脂肪になって太ってしまいます。

極端なカロリーコントロールはダメ!

極端に食事制限をしてカロリーコントロールをすると、逆に太りやすい体質になったり、リバウンドによる隠れ肥満の原因になることも。必要な栄養素を摂ることができないために、健康や美容に悪影響がでることもあります。必然的に食事量が減るためカラダに必要な栄養素が不足することが原因となる場合もあります。

あと食事量が多いからといって、必ずしも肥満になるということでもありません。よく痩せの大食いという人もいるでしょ。食事量や摂取カロリーは、必ずしも肥満とは比例しないものです。

いずれにしても適度な食事と適度な運動を心がけて、ダイエットを成功させましょう。

超低カロリーダイエット

摂取するエネルギーを極端に制限するのが超低カロリー制限ダイエット(VLCD)です。 VLCDはVery Low Calory Dietの略です。一日の摂取カロリーが200Kcal程度という、まさしく超低カロリーな食事制限です。これは安易に手を出すと、命の危険もある減量法なので、必ず医療機関に相談した上で行って下さい。

>>ダイエット専門クリニックの効果比較<<

 
肥満治療のクリニックガイド