HOME » 放っておかないで!肥満症との向き合い方

放っておかないで!肥満症との向き合い方

このような時、あなたはどう考えますか?「これからは食事にちょっとくらい気を付けようかな。」あるいは、「まあいっか。」で済ませていませんか?

なぜ肥満だとダメなのか、その理由

なぜ、肥満の状態になっても深刻に受け止めず、痩せようと努力する人が少ないのか。その理由は、率直に言ってしまえば、肥満だけでは困ることなどないからです。肥満のせいで、熱や咳が出たり、頭痛になるという症状など聞いたことありませんよね。

けれど一方で、健康診断で「肥満」という項目はしっかり用意されています。つまり、肥満は健康な状態ではない、ということ。肥満はただ太っているだけではないのです。注意される理由がちゃんとあります。

ここでは、きちんと肥満に向き合うためのページを紹介します。

肥満でいることの危険性

肥満というのは、体脂肪が過剰すぎる状態を指します。ただし、体脂肪が多いからといって、必ずしも治療が必要な状態とは限りません。

糖尿病、高脂血症、高血圧、動脈硬化症、心不全、脂肪肝、胆石、変形性関節症など肥満に基づく病気をともなうか、脂肪を減らさないと、近い将来、これらの病気を発症する可能性が高い肥満に対して、「肥満症」という医学的な管理が必要となります。BMIが25の人は生活習慣の見直しが必要なラインですが、35を超えると高度肥満と定義され、保険が適用されます。

入院して生活の全てを制限する減量法もありますが、通院でも安全で効果的な減量が可能です。

高度肥満者のダイエット方法

BMI35以上は高度肥満といわれ、様々な病気のリスクを抱えています。そのため、どうにかして減量し、体脂肪を落とす必要があります。

基本は食生活の改善、運動量を増やす、自分の生活習慣を見直し改善することで、太らない生活を維持できます。 ただ、どうしても自分一人でダイエットをする自信がなければ、病院による肥満治療を選ぶこともできます。

家族に肥満治療を提案する方法

旦那の体重が3ケタになった…健康診断で引っかかった…と頭を抱える奥さんは少なくありません。働き盛りの男性は、付き合いなどで規則正しい食生活をコントロールしにくく、仕事のストレスを発散するため、さらに食べてしまうことも。それを知っているからこそ、ダイエットを強制するのは気が引ける。

けれど、本当に心配しているなら、遠慮してはいけません。今の身体の状態、生活習慣が、将来に大きな影響を与えるのです。

安全&前向きに痩せられる

肥満治療専門の
クリニック一覧

詳細はこちら

肥満治療クリニックを比較検証

肥満治療クリニック一覧を見る

高度肥満を改善に導く医学的治療法とは

放っておかないで!肥満症との向き合い方

サイトマップ

肥満治療の費用は
どのくらい?

よく読まれているページ

安全&前向きに痩せられる

肥満治療専門の
クリニック一覧

肥満は”心の病気”

身体もストレスも
健康スリムに
メンタル療法のススメ

Copyright (C)肥満治療のクリニックガイド All Rights Reserved.