HOME » 放っておかないで!肥満症との向き合い方 » 肥満でいることの危険性

肥満でいることの危険性

「肥満」という言葉が、どのような身体の状態を指すのか知っていますか?ある人は「体重が平均よりも重い状態」と答え、また別の人は「体やお腹まわりの肉づきが良い人」と答えるかもしれません。

肥満とは、単に体重が重すぎる状態でも、でっぷりとした人の体型を指しているわけではありません。医学的には『身体を構成する成分のうち、脂肪組織の占める割合(体脂肪率)が、正常以上に増えている』状態のことをいいます。

知ってほしい肥満の怖さ

体重は、脂肪が増えても、水を飲んでも、増えるものです。また、スポーツマンなどは筋肉や骨が鍛えられ、一般人よりも体重は重いです。しかし、スポーツマンの健康的な身体を肥満とはいいません。このように、体脂肪が増えると体重は増えますが、体重が増えたからといって肥満にはならないのです。

また、ぱっと見た限りでは標準体重、標準体型以下という細身の人でも、体脂肪率の高い人がいます。こういう人を「隠れ肥満」といいます。見るからに太っている人の大部分は肥満ですが、見た目が痩せている人も肥満である可能性は十分あるのです。

肥満の目安はどれくらい?

肥満かどうかの目安としては、男性ならば体脂肪率25パーセント以上、女性ならば30パーセント以上で肥満といえます。

ただ、体脂肪率を算定する器具は色んな影響ですぐに数値に誤差を出すため、日本では一般的にBMI指数で肥満の判定を出します。

BMI(ボディマス指数 Body Mass Index:肥満指数)は、以下の計算式で求められます。

多くの調査によると、数値が22前後の場合、もっとも病気にかかりにくく、脂肪率も低いことがわかっています。

反対に、この数値が25になると、健康のリスクが高くなります。日本肥満学会では、BMIが25を超える「小太り」の段階で肥満と定義しています。そのため、25に近付いてきたら、自分の生活習慣を振り返ってみる必要があります。

そもそも体脂肪とは、生命を維持するのに必要不可欠なものです。常に飢え、サバイバル状態だった頃の人類は、体の中でエネルギーが余ったら、それを中性脂肪に変えて脂肪細胞に備蓄し、いざという時に備えていました。エネルギー源として利用するほか、体温を保つ断熱作用や、内臓を守って正常な位置に保つクッションの役目も果たしています。決して、人体に不必要なものではないのです。体に体脂肪をため過ぎている状態がいけない、という話です。

大量の体脂肪をためていると、様々な負担がかかってきます。脂肪のつき方によって種類が分かれるのですが、若い女性の下半身についている脂肪(洋ナシ型肥満)は問題になりません。

ウエストで確認!注意すべき肥満の目安

注意すべきは、男性で腹囲85センチ以上、女性で90センチ以上という人です。お腹の周りの脂肪はリンゴ型肥満と呼ばれ、いわゆるビール腹や三段腹と形容されるものです。このリンゴ型肥満でも、内臓の周囲につく内臓脂肪型肥満と、皮膚の下につく皮下脂肪型肥満の2タイプがあります。おへその位置のCT検査の際、内臓脂肪の範囲が100cm2を超えてしまうと、内臓脂肪型肥満と診断されるのだそうです。

この肥満タイプは、高血圧・高脂血症・糖尿病を引き起こしやすくなります。さらにそこから、狭心症や心筋梗塞、脳卒中という重篤な病気につながるリスクが高まります。

将来、合併症が併発する可能性が強い内臓脂肪型肥満の場合は「肥満症」とされ、治療が必要となります。

特にBMIが30以上だと心肺機能の異常や、関節、筋肉の障害が起こりやすくなります。BMI35以上からは「高度肥満」と定義され、保険適用となり医学治療が受けられます。重大な合併症があり、大幅な減量が必要な場合は外科手術も視野に入れます。

肥満になり、体重が増えた結果、骨や関節、内臓に負担がかかります。代謝も低くなり、行動能力も低くなります。糖尿病になれば、目や心臓、呼吸器、末梢神経、骨など様々な部位に障害が出てしまい、移動機能が低下する可能性も大きくなります。「立つ」「歩く」などの動作が上手くいかず、進行すれば日常生活に支障が生じ、寝たきりになるかもしれません。

この状態を「ロコモティブシンドローム(略称:ロコモ、和名:運動器症候群)」といいます。

たかが肥満だとあなどってはいけません。ちょっと太ってきたかな、と思った時に、自分の生活習慣をきちんと見直さないと、高血圧・高脂血症・糖尿病といった生活習慣病から、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、高尿酸血症、痛風、脂肪肝、胆石などの重大な病気につながり、健康的に過ごせるはずの将来を手放すことになってしまうのです。食事節制や運動で、できる限り健康体重を維持しなければなりません。

ダイエットの挫折経験があったり、自分の生活習慣を見直すのが苦手という人には、医療機関による肥満治療も選択肢のひとつです。入院による食事管理だけでなく、通院して肥満治療薬を処方したり、医師による食事の管理や日々の生活アドバイスをしたり、さらには「なぜ食べてしまうのか」という部分に焦点を当て、精神面のケアを行う病院など、肥満治療には様々な治療法が登場しています。

安全&前向きに痩せられる

肥満治療専門の
クリニック一覧

詳細はこちら

肥満治療クリニックを比較検証

肥満治療クリニック一覧を見る

高度肥満を改善に導く医学的治療法とは

放っておかないで!肥満症との向き合い方

サイトマップ

肥満治療の費用は
どのくらい?

よく読まれているページ

安全&前向きに痩せられる

肥満治療専門の
クリニック一覧

肥満は”心の病気”

身体もストレスも
健康スリムに
メンタル療法のススメ

Copyright (C)肥満治療のクリニックガイド All Rights Reserved.