本気で肥満を治療したいあなたのために

HOME » 医学的な肥満治療の種類 » ダイエット外来のメリット・デメリット

ダイエット外来のメリット・デメリット

このページでは、外科手術などによる肥満の治療の概要と、それぞれの問題点について簡単に説明しています。

様々な外科的治療で肥満を治す

肥満を根本的に解決する方法として注目を集める外科治療。しかし、調べを進めていく内に様々な問題点があることも分かってきました。そこで、美容外科などでおこなう代表的な肥満治療にしぼって、その問題点を検証してみました。

脂肪吸引

お尻や太もも、二の腕などの特定部位についた脂肪を金属製の吸引管で吸引します。全身のダイエットではありませんが、部分的に痩せられ、リバンウンドの心配がありません。ただ、脂肪層が薄いところは脂肪吸引できず、また局所麻酔では施術できないので、麻酔によるトラブルがあったという話しも聞きました。最大の欠点は、施術者の技術によって結果に差が出てしまうこと。信頼できる医師を選ぶことが大切です。

メソセラピー(脂肪溶解注射)

皮下脂肪を薬品によって溶かすメソセラピーは、注射を打つだけなので、施術時間がとっても短いです。5~10分くらいでしょうか。なかなか分解できないセルライトにも効果的に作用します。この方法も食事制限によるダイエットではないので、リバウンドの心配がありません。ただ、効果をだすためには何回も繰り返し注射しなければいけません。あと一番心配なのは、アレルギー反応がでてしまうことでしょうか。場合によっては注射をうったところが赤みやかゆみがあらわれたり、嘔吐してしまう場合もあります。

カーボメット

カラダにメスを入れず炭酸ガス注射をして脂肪を落とす痩身方法です。治療時間も15分と短く、なによりもメスを使用しないので、カラダに傷跡が残りません。また炭酸ガスなので薬品によるアレルギーの心配もありません。ただ、効果を得るまでに、1週間に2回くらい通院して、4週間くらい通わなければ効果がでません。あと、まれに針を刺したところが内出血される方もいるようです。

インディバ

体質改善を促す高周波温熱療法は、温熱作用で身体の基礎代謝を高め、細胞の活性化により肥満を改善していく方法です。血行促進による代謝効果はありますが、即効性は期待できません。

スマートリポ

やせたい部分の脂肪に直接YAGレーザーを照射し、脂肪を減少させる方法で、身体にダメージがほとんどなく、入院の必要もありません。エステ感覚で脂肪を取り除くことができますが、脂肪吸引ほどは痩身の効果がなく、3~4ケ月くらい時間がかかります。

肥満治療について調べていくと、いろいろな方法があることがわかりました。リバウンドもせずに、簡単に痩せることができるならいいなぁ〜、なんて思っていたのですが、正直ちょっと心に引っかかる部分もあります。というにも身体にメスを入れたり注射するのって、やっぱり怖くありませんか?これは私の感想なのですが、外科的手術に頼らなければならないほど切羽詰まった状況(病的肥満など)でなければ、部分的な痩身方法よりも根本的な肥満治療をした方がいいなって、感じました。皆さんは、いかがでしょうか。

>>治療法で選ぶ肥満専門クリニックガイド<<

 
肥満治療のクリニックガイド