本気で肥満を治療したいあなたのために

HOME » 医学的な肥満治療の種類 » 抗肥満薬の種類と効果

抗肥満薬の種類と効果

このページでは、肥満治療薬とはいったいどんな物なのかについて解説しています。

抗肥満薬の効果とは

薬によって肥満治療する方法もあるのですね。抗肥満薬とは、読んで字の如く肥満を予防したり、防止する薬剤です。

医療用としては3種類の薬が開発されていますが、現在厚生労働省で認可され、日本国内で使用できる抗肥満薬はノバルティス・ファーマ社の「サノレックス」のみになります。あっ、もちろんですが、医師による処方が必要ですよ。

この「サノレックス」は、摂食中枢に直接作用して食欲を抑制してくれるそうです。クスリの力で食欲を強烈にブロックして摂取カロリーを抑えます。その結果、減量効果がでるというわけ。といっても、クスリだけに頼らず、有酸素運動を組み合わせることで、より効率良く脂肪燃焼・減量ができます。我慢して食事量を減らすダイエット方法ではありませんから、食欲を抑えられない方には良いかも。

市販されている薬ではないので、厚生労働省によって内服は最長3ヶ月までと決まっています。たいてい2~2.5ヶ月で耐性ができ、食欲がもどってくるそうなので、長い目でみると肥満に対して万能薬というのではないですね。薬を飲み続けて身体を壊すことにでもなったらもともこうもありませんから。

服用の注意点

「サノレックス」についてですが、内服時にお酒を飲むことは出来ません。悪酔いしたり、ひどい二日酔いを招きます。また高血圧クリーゼを起こすことがあるので、MAO阻害剤との併用は禁忌。アルコールとの併用(飲酒時)は、めまい、眠気等のアルコールの副作用が増強されるおそれがあります。

アマンタジンとの併用は幻覚、睡眠障害等の副作用が増強されるおそれがあります。妊娠中や授乳中の方、抑うつや統合失調症の既往のある方、緑内障の方、重症の心疾患・膵障害・腎障害・肝障害のある方、重症高血圧の方、薬物・アルコール乱用歴のある方、MAO阻害剤投与中の方も使えません。

副作用も口渇感、便秘、悪心・嘔吐、胃部不快感、不眠、抑うつなど様々にあるそうです。いずれにせよ、処方薬ですので医師にしっかりと相談してくださいね。

>>肥満専門クリニックの治療効果を検証<<

 
肥満治療のクリニックガイド